自動人形はいつも考える。
 さてわたしはコノ世界において何のタメに生まれ出でた。
 親愛なるショウセイ = ヒラガ氏はいつも言う。
 曰く"それは僕が君が必要だと思ったからだよコッペリア。"

 自動人形は知っている。
 このわたしの姿今は亡きヒラガの最愛の妹と同じであること。
 親愛なるショウセイ = ヒラガ氏はいつも言う。
 曰く"自動人形のコアが出来たときに一番に浮かんだのが妹コッペリアだったからさ"
 ゆえにわたしは自動人形コッペリア。

 ああソレでもイイだろう親愛なるヒラガ。
 そしてわたしは忠実ではナイ貴方の妹であろう。
 ソレでもイイだろう、親愛なるヒラガ。

 ああソレでイイ、ソレでイイだろうよ親愛なるヒラガ。

 自動人形はいつも考える。
 はてわたしは親愛なるヒラガの最愛ナル妹の複製に過ぎないのかと。
 親愛なるショウセイ = ヒラガ氏はいつも言う。
 曰く"それは違うよコッペリア。"

 さあどう違うのか教えてくださいショウセイ = ヒラガ。
 
 わたしがわたしである意味など無くともイイのか。
 わたしがわたしであることがわたしだという意味なのだよヒラガくん。
 さてわたしにはサッパリ分かりませんね。