Entry

【キャラクター一覧】

覚書程度のキャラクター一覧
(特に設定がまだ無いキャラも有)

続き

夜明けのガリアルド 及び紀元前付近


ライヒアルト=ローデンヴァルト

世界を切り拓く英雄、受け継ぎしものローデンヴァルト



リカルダ=ロサス
神殿機構創始者、ローデンヴァルトと共に歩む癒術士



ジークムント=ビュッセル
流浪の傭兵、魔剣を携えし影の英雄



カミラ
史上最凶の人間兵器、血と殺戮を愛する殺戮姫



グランフェルト12世
ヴィッセン帝國王の弟、ハルド王家の当代国王



アルベルティーナ
風踊るハルドの姫君、精霊と心通わせる娘



ジナイーダ
天より墜ちた有翼人、心のままに生きる事を知った無邪気な天使



スヴェン
海都を蘇らせんとする少年



ドワーフ族長
思慮深き中立の民の長、その手には神が宿ると言われる程の技術を持つもの



ロルフ=ヴァラハ
宮廷屈指の魔術師、ひねくれ者のお人好し、"穴倉の魔法使い"



リリー=ハシェ
英雄ローデンヴァルト、リカルダ=ロサスを育てた"穴倉の老婆"



トゥーレ
世界を描く事を望んだ地図職人



マルヤーナ
かつて栄えた栄光を後に伝えんとする老婆、竜の民の長



ミルッカ
竜の民の幼子、長の孫娘



トラウゴット=ヴィレム=ロサス
ヴィッセン帝國第五騎士団長、護るべき故郷レーベを失い彷徨う流浪の騎士、リカルダの父



エリカ=クリーゼル
リカルダの母、宮廷治療班に所属していた貴族の娘(…予定)



ゴットホルト=ビュッセル
アイゼンシュタット屈指の鍛冶職人、仕事に心血を注いだジークムントの父親



アラベル=フランクール
己の心の行き場を遂に得られなかった、ジークムントの母親



ミント
古代都市エルプシャフトの守護者、人を愛するおっとりエルフ



ノア
古代都市エルプシャフトの管理者、鍵の呪をその身に秘めたる人形




Noir+Blanche 及びハントフェッセル/ラコリーヌ領村周辺


クロウ
物心ついた時からの路上生活者、"路地裏の黒鴉"



シュネ=アンネリース=フローベルガー
己が持つ災いの眼の為に故郷を追われた"薄幸の雪うさぎ"



ザック=ヴァルズ
復讐に生き、その果てに生きる道を見出した"兄貴"



エレイン=キャロウ
情に厚い酒場の女主人



オーストリッチ=エインズワース
ハントフェッセルの大商家に上り詰めた黒の商人



エストリルダ=エインズワース
借金のカタにオーストリッチに娶られた美貌の娘



ルー=ローレ
幼馴染のシュネを誰より愛するひょうきん者の村娘



ヨゼフ=ハンネス
寡黙でぶっきらぼうな材木職人、ルーとシュネの幼馴染



コルネリエ=フローベルガー
領主家フローベルガーの正統な血を引く女性、シュネの母



モーリッツ=アルノー=フローベルガー
優しく穏やかな目をしたフローベルガー家当代当主、シュネの父




細工師と司祭の娘


バザード(=エインズワース)
陽の光の下の穏やかな暮らしを愛する朴訥な細工師、双子の父



アーティミシア=トランスウォラン
己が宿命を厭い親元を飛び出した、創始者ロサスの血を引く大司祭の娘。双子の母




冒険者"かざみどり"一行


レナート=トランスウォラン
紳士的な術士、"かざみどり"のリーダー



アナスタシア=トランスウォラン
美しい天然娘、"かざみどり"の癒術士



シュリ=アルジェント
アナスタシアに首っ丈、"かざみどり"のパワー近接型戦士



メイア=アルジェント
恋する泣き虫鉄拳娘、"かざみどり"の射手



クルクス=ルス=カッツェ=フィーリウス=レイギス=アルコ・イリス
亡国の麗しき女装王子、"かざみどり"の流麗な剣の使い手



イリス=ルビオ=ホルシード
亡国の巫女見習いで王子の幼馴染、道化を演じる娘、"かざみどり"の魔法戦士


余談
"かざみどり"というのは、わたしが世界樹の迷宮で使ったギルド名です^q^




農村フォリウム周辺


ラディウス=アルジェント
冒険者パーティのリーダー、拳闘士兼銃使い。無神経。アルジェント家の父



アリア=クラテーレ
野花を愛する農村フォリウムの娘、頑固。アルジェント家の母



マルチェラ=ベルテ
アリアの幼馴染、まったりおおらかぽっちゃり娘



リタ=バークレイ
ラディウスの仲間、赤毛の盗賊少女。がめつい家計担当



ボニファティウス=ルクシェイド=アンティリータ=ウィンフリッツ
騎士の名門ウィンフリッツ家出身、ラディウスの仲間。ガタイの良い40代(はげ)



ルダー・シルフィード
ラディウスの仲間、麗しきエルフの炎使い。合言葉は「焼き尽くされたいか?」




砂の王国アルコ・イリス


エサイアス37世
クルクスの父、穏やかな治世をもたらしたが、やがて蛮族によって国を奪われた悲劇の王



アウレリア
クルクスの母、遊女出身の聡明で美しきアルコ・イリス王妃




世界最強の娘と異世界の少年


上村十夜
父親の次元転送装置により世界に迷い込んだ少年



ライラ(=キヴィレフト)
世界最強の力を秘めた"災厄の化身"、殺戮姫の生まれ変わりと謳われる美しい娘



レナート=トランスウォラン
アナスタシア=トランスウォラン
創始者ロサスの血を受け継ぎし神殿機構の"双子の神官"



アードルフ=キヴィレフト
ライラの養父で伯父、"骨董屋"キヴィレフト




シトラス家


アレクシウス=エリオ=フランチェスカ=シトラス
女性を口説くのと古代遺跡の調査が生き甲斐の名門貴族シトラス家次男



カーランシア=アルバ=フランチェスカ=シトラス
勝気でお転婆な放蕩娘、名門貴族シトラス家の末娘



ジークヴァルト=エリオ=クリストフォロ=シトラス
シトラス家当代当主で長兄、"常識的無責任"



フィロメーラ=ジルダ=ルアルディ
シトラス家当主ジークヴァルトの許婚、"春の娘"フィロメーラ



リッセ=アレティーノ
シトラス家護衛兼子守りの苦労人


*シトラス家三兄妹のミドルネーム
エリオ → 父 
アルバ → 母 
クリストフォロ →祖父
フランチェスカ →祖母

の名前です。




人形師と弟子


リネルカーデ
自由奔放な人形師"レース・アルカーナ"。バザードの姉



クライヴ
紅い眼の為に迫害されていた少年、人形師の弟子。小間使い扱い。人形に精霊や魂を宿せる



何語圏とか考えてなかった頃に名付けた子はしっちゃかめっちゃかだけど
最近名付けた子たちは↓

隠れ村、竜の民=フィンランド
ハントフェッセル=英国(※街の名前はドイツ語なのに)
ラコリーヌ領村、よあがり組=ドイツ(※村の名前はフランス語なのに)
アラベルさんはフランス圏。

から人名引っ張ってる、大体

あとアルコ・イリス王はフィンランド人名? から引っ張ってきた
エサイアスというのは建国者カステヘルミが王としての自分に掲げた名前で、以後それを継いでる…的なことに、今、した。
クルクスも王位を継いだらエサイアスになるわけだろうか。まあここは暫定でたのむ!

というメモ

"僧侶"という表現はなんか宗教絡むくさいので、
特に絡まないメンツのヒーラーはとりあえず「癒術士」と書いておいた
なんだか、整体とかしてくれそうな雰囲気になった。


あと誰かいたっけ…
覚書なので、他にもいたら適当に追加していきますー

悟兄ちゃんはもうめんどくさいから同じ世界の別時間枠に突っ込みたい。

今度追加したい人たち
*ヴァルトヘイム学士連
*悟兄ちゃんたち
*邪神と女神